ピアスのアレルギーについて

 HAPP CAKE JEWELS(ハッピーケイクジュエルズ)と言うブランド名でアクセサリーを製作・販売しているケイコです。

今日はOnlineでピアスがアレルギー対応の素材がどうかについてときどきお問い合わせ頂くのでその回答をnoteでも投稿させていただきますね。

フックタイプは14kgfまたはチタン、写真のようなスタッド(芯)タイプではポストとキャッチ共に医療用チタンを使用しております。

チタンでもアレルギーが心配とのお声があったのですが、巷でチタンポストと書かれて販売されているものでも、不純物が混ざっているものがある場合や、キャッチが違う素材で作られている場合もままあるようです。

医療用チタンでアレルギー反応を起こすことはほぼ無いと言われておりますが、アレルギー反応が起きる場合考えられる要因としては、ポストはチタンでも、本体の耳にあたる部分が真鍮でできている、又は、汗で本体とポストの接合部分のコーティング(メッキ)が剥がれて本体部分の金属が露出してイオン化して起こるものだと思われます。

なので最初は大丈夫だったけど、ずっと使っているうちに荒れてきたという場合は上記が考えられます。

私自身途中からピアスでアレルギーを起こすようになったので、製作の際に自分が着けられる素材を使用するようになりました。

 

写真のフープ ハートピアスもチタンポストと本体部分は厚目の18KGメッキで作成しており、一年程使用しておりますがアレルギーを起こすことなく快適に使用できています。

個人差や使用状態によって一概にいえない部分も大きいので、みなさまにアレルギーが起きません!とは明言しきれないのですが、疑問に思われている方も多いのでは無いかなと思い投稿させていただきました。

Leave a comment