改めまして自己紹介させてください。

おはようございます☀︎
今日は今取り組んでいる、もうすぐ公開予定のCreema SPRINGS でのクラウドファンディングをさせて頂くにあたり、改めて自己紹介をさせてください。
HAPPY CAKE JEWELS ケイコ と申します。
Jewelries that make you happy.
「あなたを幸せにするアクセサリー」
を目指して、シンプルで個性的なアクセサリーをお届けしています。
NYでアートやデザインを学んだデザイナーが、日常にある”美”にインスピレーションを受け、
一つ一つ心を込めてデザイン・製作しております。
アイテムの特性や、デザインの良さを活かせる使い方でオリジナルのアクセサリーに仕立てています。
使用する素材は、アクセサリーに合わせてK18、真鍮無垢、14kgf、18Kコーティング、ロジウムコーティングなどを使い分けています。
私自身金属アレルギー持ちなので、自分自身が安心して着けられる素材を使用しての作品づくりを心がけております。
雑誌掲載やTV番組衣装(剛力彩芽さん、吉本実憂さん、山根千佳さん、齋藤英里さん他)としてご着用いただいたり、プライベートにもご使用いただいております。
◎NYでの運命的な出会い
留学していたNYで友人に連れられて入ったビーズ屋さんが、現在の活動の始まりでした。
元々NYはとってもアーティストが多い街で、多くの人が何かしらの自己表現としてのアーティスト活動をしています。
そんななか、何の目的も持たず、逃げ出すようにして日本を出た私は自分を表現する「何か」をいつも探していました。
絵、写真、ダンス…。思いつくものはとりあえず何でもやってみる日々でした。
そしてアクセサリーづくりもその一つでした。
作ったものを身につけていると、友人達にとても褒められ、嬉しくなってまたつくり、プレゼントしたり… それで大満足の日々。
しかしながら大学を卒業後、就職と日々の忙しさのなかで、しだいにアクセサリーづくりから遠のいていました。
数年後のある日、以前NYでアクセサリーをプレゼントした友達が
「けいちゃんのアクセサリー、今でもお気に入り。よくつけているよ」
と言ってくれたのです。
もう何年も前にあげたのに! ととっても嬉しく思いました。
友人のその一言が私の背中を押しました。
「友人がそう言ってくれるなら、世の中には他にも私のつくるものを気に入ってくれる人がいるかもしれない…自分がつくりたいアクセサリーをつくって売ってみよう」
初めて本気で思いました。
そうして、今の私がいます。
(NY留学中に作ったビーズアクセサリーや会社員時代に習った銀粘土で作った指輪、私の創作の原点です。)
◎活動の中で嬉しい瞬間
「最近はコロナで自粛ばかりで気が滅入ってばかりですが、
HAPPY CAKE JEWELSのアクセサリーをして少しでも気分を上げて今を楽しむようにしています。大げさですが救われてます。」
「ケイコさんのアクセサリーを身につけるとパーっと顔が明るくなってびっくりしました!Tシャツとジーンズでも似合いますよね^^」
「HAPPY CAKE JEWELSのイヤーカフが一番つけやすいし、落ちないんです。なんやかんやケイコさんのアクセサリーを一番よく使っています!」
これらはお客様から頂いたお声の一部です。
お客様から直接お喜びの声を頂戴する瞬間が何よりの喜びで、日々の活動の糧になっています。
ここまでが、私がブランド活動を始めたきっかけについてのお話です。
お読み頂きありがとうございます。